人間関係

その褒め方はうれしくないかも!人に喜ばれる褒め方とは!?

 

こんにちは!akaminiです!

 

今回は、人に喜ばれる褒め方についてお話ししていこうと思います!

 

褒められてうれしい人は2種類に分けられる

 

褒めても相手を喜ばせることができていない!(゜-゜)

 

このような方に知ってほしいのが、

褒められて嬉しい人のタイプは2種類に分けられる

ということなんです。

 

 

なぜならば、この2種類のタイプについて学ぶことで相手の喜ぶ褒め方が何なのか、どのように褒めれば喜んでもらえるのかを知ることができるからです。

 

 

ではさっそく、その2種類のタイプについて説明していきたいと思います!!!

[ad]

感情的に褒められたいタイプ

 

まず一つ目のタイプは、理論的に褒められるよりも感情的に褒められる方が嬉しいと感じるタイプです。

 

たとえば、

子どもが初めて逆上がりができるようになったとき、お母さんから

「すごい!よくできたね!」「お母さんあなたの成長がすごく嬉しいよ」

などと褒められるのがうれしいタイプ。

 

同僚が営業成績トップをとったとき、周りのみんなから

「その才能羨ましい!尊敬するわ!」「部長もみんな君の偉業に喜んでたよ。すごいね」

などと褒められるのがうれしいタイプ。

 

このように、感情的に全体を褒められることで喜びを感じるタイプがまず1つ目です。

 

実は私もこっちのタイプです(笑)

 

経験上、たまたまかもしれませんが周りにもこっちのタイプの子が多かった気がします。

[ad]

理論的に褒められたいタイプ

 

そして2つ目のタイプは感情的に褒められるよりも理論的に褒められる方が嬉しいと感じるタイプです。

 

たとえば、

 

子どもが初めて逆上がりができるようになったとき、お母さんから

「今の回り方奇麗だったよ」「腕の曲げ方をちゃんと工夫したんだね。だからできたんだね」

などと褒められるのがうれしいタイプ。

 

同僚が営業成績トップをとったとき、周りのみんなから

「君の~というやり方が素晴らしいからこその結果だね」「君のおかげでこの部の成績が具体的にこのくらい上がったみたいだよ」

などと褒められるのがうれしいタイプ。

 

このように、理論的に褒められることで喜びを感じるタイプが2つ目です。

 

こっちのタイプでは、「みんながすごいって言ってたよ」というような抽象的な褒め方をされても嬉しいと感じないことがあるようです。

 

1つ目のタイプの私からすればこれは最高の褒め言葉なのですが、感じ方が全然違うみたいです。

[ad]

相手に喜んでもらう褒め方をするには

相手が求めている褒め方をする

 

相手を喜ばせる褒め方をするためには、相手がどのように褒められると喜ぶのかを知り、それを実践することが必要です。

 

でも一体、相手の喜ぶ褒め方は2種類のうちのどっちなのかどうやってわかるの?!

 

このように疑問に思った方、いらっしゃるのではないでしょうか!!!

 

そこで、その見分け方をご紹介したいと思います。

[ad]

褒め方を見分ける方法

 

方法として、まずその相手が普段人を褒めるとき、2種類のうちどっちの方法で人を褒めているか観測してみてください。

 

人は大体、自分が言われてうれしいことを人にも言う傾向があると思います。

 

よって、相手が人を感情的に褒める人であれば感情的に褒められるのが嬉しいと感じるタイプであり、逆に、人を理論的に褒める人であれば理論的に褒められるのが嬉しいと感じるタイプであるという風に見分けることができます。

 

しかし!必ずしもそうだとは限らないので両方の褒め方を実践して相手の反応を見てみるのが最善の見分け方だと言えるでしょう。

[ad]

褒めて相手を喜ばせるメリット

 

もしかすると、みなさんの中には

 

自分が褒めたいから褒めるのであって相手から喜ばれるかどうかなんてどうでもいいじゃん!!!(゜-゜)

 

と思われている方もいるかもしれません。

 

まあもちろんその通りではあります。(笑)

 

でも、褒めて喜んでもらうことで生じるメリットもあるということを知ってほしいのです!!!!!

 

ということで、褒めて人を喜ばせることのメリットを3つあげてみました。

 

[ad]

相手を成長させることができる

 

褒められて成長する人って世の中にいっぱいいますよね。

 

ではなぜ褒められただけで成長できるのか?

 

それは、褒められたことが嬉しくて

「もっと頑張ろう」「もっと褒められるような人間になるために努力しよう」

と、物事に対するやる気や意欲が向上し頑張れるからだと思います。

 

たとえば子どもや部下、後輩など、褒めて喜ばせることによって相手の成長に期待することができるのではないかと思います。

 

しかし、喜ばれる褒め方ではなく相手がなんにも感じない褒め方をしてしまえば、そこから相手の向上心が生まれることはないので相手の成長にはもちろん繋がりませんよね!

 

どうせ褒めるのならば、相手が喜ぶような向上心が生まれるような褒め方をした方がいいんじゃないかと思います!!!!!

 

[ad]

相手に好きになってもらえる

 

もちろん、みなさんも自分を褒めて喜ばせてくれる人のこと好きですよね!!!!!

 

わたしも大好きです(笑)

 

というわけで、このように喜ばれる褒め方をすれば、褒めた相手に自分のことを好きになってもらえるというメリットがあるんですね。

 

人間的にはもちろんですが、恋愛的にもそうだと思います!

 

[ad]

相手の笑顔を見ることができる

 

みなさん想像してみてください!

 

褒められて喜ぶとき、どんな表情になりますか?

 

そうです。自然と笑顔になってしまうんです!!!!!!!(^O^)

 

自分の行動で相手が笑顔になってくれる。これって素晴らしいことですよね。

 

ということで、これが3つ目のメリットでした。

[ad]

最後に

 

本日は最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!!!!

 

感想などいただけるとうれしいです(^O^)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村