雑記

鼻の皮がむける長年の悩みをたった1日で治した!私流の超簡単スゴ技を伝授します!

 

  • 鼻の皮がむけてカサカサする!
  • 向けた鼻の皮が目立って恥ずかしい!
  • 化粧水や乳液を塗りたくっても治らない!

これは以前の私の状態です。

皆さんもこんな症状で悩んでいませんか?

今回は、以前の私と同じように、鼻の皮がむけることに悩んでいる方に向けて書いた記事となっています。

今から、長年鼻の皮むけに悩まされてきた私が、それをたった1日で治した方法をお伝えします!

個人差はあると思いますがこの方法を試したことがない方には絶対試してみてほしいです。

鼻の皮向けを治す方法

 

私が行った鼻の皮向けを治す方法とは、「ワセリン使って保湿をする」方法です。

 

鼻の皮がむけるのは乾燥が原因なことがほとんどです。

 

ちょっとやそっとの中途半端な保湿では全く効果がなかった私の鼻ですが、全力の保湿の方法を見つけたことで1日で治ったんです。

 

だまされたと思って試してみてほしい。いや、絶対試してみてください!!

 

全力保湿の手順
  1. 化粧水を限界まで鼻に浴びせる。何度も鼻に染み込ませてもう水分はこれ以上はいらないというくらいまで浴びせる。
  2. その上からすぐにワセリンを塗る。水分にをして乾燥を防ぎます。ワセリンもたっぷりと塗ってください。ここで薄く塗ってしまうと水分が蒸発するのをふせぎきれず治りません。

ハイ、手順としては以上になります。たったこれだけです。

 

化粧水よりも、鼻の皮がむけるのを治すにはワセリンを塗ることが何よりも大切だと私は考えています。

 

粧水は特に何でもいいと思いますが、その上に塗って水分に蓋をするのは乳液やクリームではなく必ずワセリンを使ってほしいです。

 

 

とにかくワセリンは水分の蒸発を防ぐ効果が凄いんですよね。

 

初めてワセリンを塗って次の日朝起きたら完全に鼻の皮向けが治ってたんですよ。たった1日、夜寝る前に塗っただけなのに。ワセリンには感謝だ、、、!

注意点や気を付けてほしいこと

 

この方法を実践するにあたって意識してほしいことがあるのでまとめてみました。

  • ワセリンを塗る前に必ず化粧水などで水分を肌に補給しておくこと

→ワセリンは炭化水素油なので外部からの乾燥は守れますが、水分がない状態の肌に直に塗ると内部からの乾燥が懸念されます。化粧水でしっかりと肌を潤わせた後その水分に蓋をして蒸発を防ぐイメージです。

  • 家にいて人に見られないところで実践した方がよい

→ワセリンをたっぷり塗るとかなりテカテカするのでなるべく人に見られないときにした方がよいかと思います。

  • お風呂上がりはなるべくすぐにこのケアを行うこと

→お風呂上がりにすぐに水分に蓋をするのと、お風呂上がりの後時間がたってからスキンケアをするのとでは乾燥の速さが全然違います。本当はお風呂を出る前にケアをしてから上がると乾燥しづらく最も良いとされています。

ワセリンは不純物の入っていない白色ワセリンをつかうこと

ワセリンには白色ワセリンと黄色ワセリンがあります。よく普通に売っている黄色のワセリンには不純物が入っているので、肌に塗るなら白色ワセリンがおすすめです。