たべもの

超不器用でもフォンダンショコラを美味しく作れるのか検証してみた!

 

まずフォンダンショコラを作るための材料を準備

今回使った材料(紙製マフィンカップ4個分)

  • 卵 3個 (しかしレシピには2.5個とあった)
  • 薄力粉 80g
  • バター (マーガリンでもいい)150g
  • 砂糖 45g
  • 純ココアパウダー 26g
  • 板チョコ ビター 150g

 

はい、早速問題発生ですね!

レシピには卵は2.5個必要だと書いてあったんですよ。

ここはレシピに忠実に従わなきゃだよな・・・とも思ったのですが超不器用な私、一瞬であきらめました。笑

 

「フォンダンショコラって卵だけでそんなに変わんないよな?」

 

こんな悪魔のささやきに負けてしまいました。甘ったるい女とは私のことです、、、。(よいこの皆さんはマネしちゃダメなやつ)




作り方

 

オーブンを余熱で180度に設定する

これいつも忘れがちなんですよね。

オーブンって温まるのに結構時間かかるので忘れたら大変なんですよ。

今回は見事忘れずにクリア。(超不器用なうえに忘れん坊な私であります)

板チョコを割って湯煎で溶かす

レシピではレンジでチンしてチョコを溶かすと書いてあったのですが既にオーブン(レンジ)の余熱をスタートしてしまっていたため湯煎で溶かすことに。

超不器用を自覚していることが幸いし、チョコの中にお湯を入れてしまうといったよくあるアクシデントは起こることなく無事溶かすことができました。




バターをレンジでチンして溶かす

オーブン(レンジ)は余熱中。でもまた湯煎で溶かすのはめんどくさい!

ってことでいったん余熱を止めレンジでチン。

あー楽チン!!!!!

(もはや超不器用だからとか関係ない)(オーブン止めるな)

 

無事溶けてくれました。

バターと板チョコを合流させる

バターと板チョコを混ぜます。

フォンダンショコラっぽい良いにおいがしてきました。

バターとチョコが混ざったらそこに残りの材料を入れて混ぜる

これで生地は完成。

超不器用でも作れる簡単なレシピだった!

ここまでは特に超不器用を発揮することなく無事終了。

あとはカップに入れて焼くだけ!




ここで超不器用の本領発揮!紙製マフィンカップに入れて180度のオーブンで9分焼く(レシピには11分と書いてあったのでとりあえず9分)

 

1度止めてしまいましたがオーブンの余熱も無事完了。

4つの紙製マフィンカップに均等に生地を入れる。

レシピには11分焼くと書いてあったが焼き過ぎるととろけなくなってしまう(そうなるともはやフォンダンショコラじゃない)ため、とりあえずレシピよりも少なめの9分で焼いてみた。

しかし9分後、オーブンから取り出してみると全然焼けておらずそこから何度も追加で焼くことに….

そうこうしているうちにいつの間にか合計何分焼いたか分からなくなってしまった笑

そして何度も取り出して焼け具合を確認するうちに1個ひっくり返してしまい食べれるフォンダンショコラは4つから3つになってしまう。

(不器用女の本領発揮!!!!!)

更には焼いているうちになぜか1個だけ凹む。(もはや不器用とかいう問題ですらない)

できあがったのはコチラ

 

4つ作れるはずだったのに3つになっちゃたし、3つのうち1つはなんか凹んでるし・・・。

 

それでも味は最高においしかった!!!

 

外はフワフワ中はトロトロ!超不器用な私がこんなに美味しく作れるだなんて感動モノでした。




検証結果

 

ということで、この検証では

超不器用でもフォンダンショコラを美味しく作れる!

ということが分かりました。

(ただし多少のアクシデントは免れなかった)